関東を舞台にした作品の紹介

関東を舞台にした作品の紹介

他の地域に比べて、関東を舞台にした作品は実はものすごく多くて、どれを紹介するかすごく悩んでしまいました。なので作品の詳細は省き、とりあえずいっぱい作品名を挙げられたらと思います。
まず北関東からいきたいと思います。一番有名と言えそうなのは茨城の大洗が舞台となっている【ガールズ&パンツァー】ではないかと思います。これは大洗市も協力し町おこしに聖地巡礼を使用しているほど、地域と作品が一体化した作品となっています。群馬県が舞台、として挙げないわけにはいかないのは【お前はまだグンマを知らない】です。グンマに引っ越してきた高校生の葛藤を描く井田ヒロト著作のコミカルな漫画となっています。群馬のことに詳しくなれるかもしれません。栃木県の場合、これぞという作品は少ないのですが、多くの作品に顔を出しているというような特徴があります。例えばドラマシリーズTRICKでは劇場版3作目【劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル】の舞台になったのが栃木県です。また、あの新海誠監督の代表作【秒速5センチメートル】でも栃木県が一部舞台として描かれています。

それから、次は埼玉県ですが、これは知名度的に【あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。】を挙げたいと思います。埼玉県の秩父市を舞台に、一人の少女の死をきっかけに離れ離れになった幼馴染たちがまた仲を取り戻す青春アニメです。それ以外だと、春日部市の【クレヨンしんちゃん】も根強いです。少し昔だと【らき☆すた】も埼玉が舞台として有名になりました。
千葉県の場合、作品名にも入っているほどなので【浦安鉄筋家族】が鉄板ではないかと思いますが、読む人を選びそうなギャグ漫画ではあります。他の作品だと【ぼくらの勇気 未満都市】なんかがメジャーで入りやすいと思います。

神奈川だと【スラムダンク】が有名ですし、最近は江の島を舞台にした【TARITARI】という合唱アニメが人気を博しました。そして東京ですが、これこそ数え切れない作品数になってしまいそうです。こればっかりは気になる土地で絞って検索をかけた方が早いと言えそうですが、最近の個人的な好みの作品で言うと、吉祥寺を舞台にしたミステリアニメ【オカルティック・ナイン】を紹介したいと思います。しっかり見知った土地が描かれているお勧めの作品です。

意外と数の少ない北関東から、飽和しそうなほどある東京など、様々な土地が舞台になっていますので、ぜひゆかりの土地を巡るのに活用してください。

Copyright(c) 聖地巡礼のすすめ! All Rights Reserved.